B型肝炎の給付金を受け取るためには

型肝炎給付金についての基本的な情報や手続き方法などをご紹介します

給付金受給資格

給付金国が実施していた集団予防接種によってB型肝炎に感染した方には給付金が支給されます。特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法と呼ばれる法律がありますし、それによってB型肝炎ウイルス感染者に給付金が支給されるようになったのです。ただ、この法律は期限が決められており、平成34年1月12日までとなっています。そのため、給付金を受け取るためにはその期限までに手続きを済ませる必要がありますから注意しましょう。また、B型肝炎給付金を受け取るにはいくつかの受給資格を満たしておく必要もあります。

B型肝炎給付金の対象者は一次感染者と二次感染者、遺族となっています。一次感染者とは昭和23~63年までのあいだに集団予防接種を受け、それによってB型肝炎ウイルスに持続感染している方を指します。B型肝炎ウイルスに持続感染していること、満7歳になるまでに集団予防接種を受けていることなど一次感染者であることを証明する必要もあります。二次感染者とは母親から子どもに感染したケースで、こちらも同様に感染していることを証明しなくてはなりません。B型肝炎ウイルスで亡くなった方に代わって遺族が給付金を受け取ることもできます。