B型肝炎の給付金を受け取るためには

型肝炎給付金についての基本的な情報や手続き方法などをご紹介します

B型肝炎への感染

現代の医療現場では注射器など人の血液や体液が付着する医療器具は基本的に使い捨てとなっています。使い捨てでないにしてもしっかりと殺菌や減菌などを行った上で使用することが求められますし、これがきちんとできていないと院内感染を引き起こしてしまうこともあります。今でこそ注射器などは使い捨てにしてしまうことが当たり前になりましたが、かつては注射器を使い回して予防接種をしていたことがあるのをご存知でしょうか。

集団予防接種昭和23~63年までに行われていた集団予防接種では注射器が使い回しで連続使用されていました。現在だと大問題に発展するような事実ですが当時はそれほど問題視されていませんでしたし、多くの医師が注射器をそのまま使いまわしていたのです。その結果、B型肝炎ウイルスに感染する人が増加し大きな問題になりました。現在でも日本国内には集団予防接種によるB型肝炎ウイルス感染者が40万人以上いると言われています。

国はこうした過ちについてすでに認めていますし、国の集団予防接種によってB型肝炎に感染した方に対する給付金も支給しています。B型肝炎特別措置法という法律を制定していますし、集団予防接種によってB型肝炎に感染した方に対して救済を行っているのです。ここではB型肝炎給付金に関する基本的な情報、受給するためにはどのような手続きをすればいいのかについてご紹介したいと思います。少しでも気になった方はぜひ読んでくださいね。